検査実績

最新検査実績

大阪府市共同住吉母子医療センター(仮称)

●検査期間 平成29年1月~平成29年10月
●地域 大阪市住吉区
●検査対象物 大阪府市共同住吉母子医療センター(仮称)
●検査内容 鉄筋継ぎ手部超音波探傷検査
大阪府立急性期・総合医療センターと、大阪市立住吉市民病院の医療機能を統合した「大阪府市共同住吉母子医療センター(仮称)」は、只今、整備並びに工事が進められています。
病床数は小児科58床、産科46床、新生児科21床の計125床。
お産のため入院された妊婦さん、その家族、また新しく誕生した生命が、病院施設で安心して過ごしていただけるよう、私たちKWUのスタッフも、継手検査に熱が入りました。
平成30年4月ごろのオープンを予定しているそうで、産科・小児科と一貫した体制の、新しい周産期医療センターが誕生します。

 

担当検査員 KWU 森検査員

 

工事の進捗状況はこちらより見ることができます。(外部サイトへリンク)

大阪 非破壊検査のKWU 建築中の大阪府市共同住吉母子医療センター(仮称)における超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 建築中の大阪府市共同住吉母子医療センター(仮称)における超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 建築中の大阪府市共同住吉母子医療センター(仮称)における超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 建築中の大阪府市共同住吉母子医療センター(仮称)における超音波検査

過去の検査実績

新奈良県総合医療センター

●検査期間 平成27年8月~平成28年10月
●地域 奈良県奈良市
●検査対象物 建築中の新奈良県総合医療センター
●検査内容 鉄筋継手部超音波探傷検査
今回の検査は平成30年春に開院予定の「新奈良県総合医療センター」です。
同医療センターは、奈良県奈良市にある地方独立行政法人奈良県立病院機構が運営する病院。この新病院が目指すのは以下の機能です。

 

・搬送ルールに、則った断らない救急医療の充実ER体制の確立。
・集中医療部門の強化と各医療分野の急性期医療の充実。
・質の高いがん医療の提供。
・最適な医療環境の提供。

 

全室南向きの明るい病棟、開放的な広い外来、また自然の緑の中に立地し、患者さんの治療意欲を育む和やかな環境にあり、最先端の医療技術とともに、訪れる方、入院されている方には癒しの効果もあろうことと思います。

 

その新医療センターの超音波探傷検査も、無事に終わりました。
医療センターに携わる方々、患者様が快適に過ごされることを期待して、あとは、無事に工期の終了を待つばかりです。

担当検査員 KWU 中野博文

大阪 非破壊検査のKWU 建築中の新奈良県総合医療センターにおける超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 建築中の新奈良県総合医療センターにおける超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 建築中の新奈良県総合医療センターにおける超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 建築中の新奈良県総合医療センターにおける超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 建築中の新奈良県総合医療センターにおける超音波検査完成予想パース図

兵庫県太子町新庁舎建設における超音波検査

●検査期間 平成26年7月~平成27年6月
●地域 兵庫県揖保郡太子町
●検査対象物 太子町新庁舎
●検査内容 鉄筋継手部超音波探傷検査
兵庫県太子町の現庁舎は、昭和30年4月に建築、3階増築(昭和39年2月)、西庁舎(昭和47年4月)、南庁舎(昭和52年9月)と増改築を繰り返してきました。老朽化も重なり、現在の人口に規模に対応すべく、施設機能をさらに大きくするためにも、今回の新庁舎建設に至りました。
今日、多様化する災害時の機能保持、対作本部、避難拠点としての利用などを加え、危機管理も徹底。有事の際に庁舎としての防災の大役を担わなければなりません。
そんな新庁舎の、超音波検査を去年の7月より、続けてきましたが、今回無事、検査工期は終わりました。あとは完成を待つのみです。

担当検査員 KWU 高山検査員

大阪 非破壊検査のKWU 兵庫県太子町新庁舎建設における超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 独兵庫県太子町新庁舎建設における超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 兵庫県太子町新庁舎建設における超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 兵庫県太子町新庁舎建設における超音波検査
大阪 非破壊検査のKWU 兵庫県太子町新庁舎建設における超音波検査完成予想パース図

独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター
一般病棟等建替整備工事

●全体工期 平成26年1月17日~平成27年9月30日
●担当工期 平成26年6月21日~平成27年3月17日
●地域 京都府舞鶴市
●検査対象物 一般病棟等
●検査内容 鉄筋継ぎ手部UT検査、鉄骨UT検査
今回の検査は、2011年、京都府で初めての認知症疾患医療センターとして指定された中のひとつ、独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センターの一般病棟等建替整備工事です。
同センターは、精神医療に関する基幹医療施設に指定され、北近畿における唯一の医療センターとして機能しています。
また、地域医療研修センターを開設しており、当センター付属の看護学校も併設して、未来の看護師の育成にも努めています。
これからの高齢化社会を鑑みると、必須の施設でもあり、私たちの検査にも思わず力が入ります。

担当検査員 KWU 金村検査員

大阪 非破壊検査のKWU 独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター 一般病棟等建替整備工事の鉄筋継ぎ手部UT検査、鉄骨UT検査
大阪 非破壊検査のKWU 独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター 一般病棟等建替整備工事の鉄筋継ぎ手部UT検査、鉄骨UT検査
大阪 非破壊検査のKWU 独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター 一般病棟等建替整備工事の鉄筋継ぎ手部UT検査、鉄骨UT検査
大阪 非破壊検査のKWU 独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター 一般病棟等建替整備工事の鉄筋継ぎ手部UT検査、鉄骨UT検査
大阪 非破壊検査のKWU 独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター 一般病棟等建替整備工事の鉄筋継ぎ手部UT検査、鉄骨UT検査
大阪 非破壊検査のKWU 独立行政法人国立病院機構舞鶴医療センター 一般病棟等建替整備工事の鉄筋継ぎ手部UT検査、鉄骨UT検査完成予想パース図

宮城県石巻市奇磯漁港の防波堤

●実施日 2015年1月
●地域 宮城県石巻市
●検査対象物 防波堤の鉄筋継手
●検査内容 超音波探傷検査と浸透探傷検査
今回は、東日本大震災で被害を受けた、宮城県石巻市奇磯漁港の防波堤の復興工事で、超音波探傷検査及び、浸透探傷検査をさせていただきました。さて、防波堤とひとくちに言っても、なかなかその工程は知られていません。防波堤とは、一体どのようなしくみで構築されていくのか。
それは、「ケーソン」という防波堤の「基礎」となる、作り方に集約されます。ケーソンは、コンクリートで出来ていますが、その中はいくつかの区切られた空洞の部屋になっています。ですから、あんな大きなものでも海に浮かべ沖まで運ぶことが出来るのです。沖まで運び終えたケーソンを、並べてゆき、防波堤は出来上がって行きます。
3.11から、はや4年が経とうとしています。私たちの仕事で貢献できるチカラは微力ですが、今回、この復興工事の一端を担わせていただいたことを誇りに思います。

KWU 寺坂検査員

大阪 非破壊検査のKWU 宮城県石巻市奇磯漁港の防波堤の超音波探傷検査
●防波堤のできるまで
①陸上のケーソンヤードでケーソンを作る。
②石運搬船(ガット船)で運んだ石を海底に投げ入れ、潜水士が海底にロープを張り、石を平に均して、土台(基礎)を作る。
③引き船でケーソンを運び空洞に水を入れて沈め、土台の上に据え付ける。
④ケーソンの中に砂を入れる。
⑤その上にコンクリートでふたをする。(ふたコンクリート)
⑥被覆石と根固めブロックで、ケーソンの足元を固める。
⑦消波ブロック(テトラポット)を据え付ける。
⑧ケーソンの上にコンクリートを打つ。(上部コンクリート)

大阪 非破壊検査のKWU 宮城県石巻市奇磯漁港の防波堤の超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU 宮城県石巻市奇磯漁港の防波堤の超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU 宮城県石巻市奇磯漁港の防波堤の超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU 宮城県石巻市奇磯漁港の防波堤の超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU 宮城県石巻市奇磯漁港の防波堤の超音波探傷検査

大阪府立中河内・南河内地域支援学校(仮称)

●実施日 2014年4月14日~2015年1月15日
●地域 大阪府羽曳野市
●検査対象物 大阪府立中河内・南河内地域支援学校
●検査内容 鉄筋継ぎ手部超音波探傷検査
前回に引き続き、今回ご紹介するのも、「支援学校」です。
平成23年3月末に閉校した府立西浦高等学校の敷地・校舎等を活用した、児童生徒数の増加に対応する支援学校の施設整備工事です。
新たに耐震改修工事を施し、また、歩行者動線、車の侵入エリアを回避したりと、安全性を十分確保して進めています。
検査内容は、鉄筋継ぎ手部超音波探傷検査。
将来、子どもたちが、安心して学校生活を送れるよう、
日々、真剣に検査に取り組んでいます。
大阪 非破壊検査のKWU 大阪府立中河内・南河内地域支援学校の超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU 大阪府立中河内・南河内地域支援学校の超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU 大阪府立中河内・南河内地域支援学校の超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU 大阪府立中河内・南河内地域支援学校の超音波探傷検査完成予定パース図

大阪府立北河内支援学校(仮称)

●実施日 (担当後期)平成26年3月1日~平成26年12月27日
●地域 大阪府枚方市
●検査対象物 北河内支援学校
●検査内容 杭頭補強筋の浸透探傷検査、鉄筋継ぎ手部超音波探傷検査
「支援学校」という言葉をご存知でしょうか。
一般に、知的障がいのある児童を、受け入れる学校のことを指します。この支援学校がこのたび、生徒数の増加に対応するため、元枚方市立村野中学校跡の敷地を活用し、大阪府立北河内地域支援学校(仮称)及び、大阪府立北河内地域高等支援学校(仮称)として、新設されることになりました。
今回は、これらの施設の検査を担当しています。生徒たちが快適に学校生活を送れるよう、安全を願い、検査に従事しています。平成27年度よりの運営を予定しているそうです。
大阪 非破壊検査のKWU ガードレールポールの超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU ガードレールポールの超音波探傷検査
大阪 非破壊検査のKWU ガードレールポールの超音波探傷検査完成予定パース図

ガードレールポールの超音波探傷検査

●実施日 2014年5月
●地域 大阪府枚方市
●検査対象物 ガードレールポール
●検査内容 ガードレールポールの超音波探傷検査
今回は、枚方市内にある、ガードレールポールの根入れ長さ測定です。これは、ガードレールポールが規定値通りに埋めこまれているかという検査を行なうものです。ガードレールポール全長が、2200mm、根入れが1500mm、地上に出ている部分が、700mmです。
それを超音波で検査して行きます。ガードレールポールって思った以上に、地中に入っているものですね。

この確認検査をする事により、万が一車が衝突した場合でも、一定の強度により、持ちこたえるよう仕上がっていきます。

こういう視点で、「ガードレール」というものを改めて見つめ直すと、やはり超音波検査は、構造物を建てる上で、無くてはならいない仕事だと実感します。これがガードレールポールです!地中にこんなに埋まっています。

KWU ガードレールポールの超音波探傷検査
KWU ガードレールポールの超音波探傷検査
KWU ガードレールポールの超音波探傷検査
KWU ガードレールポールの超音波探傷検査</div>
<div class=

大和大学

●実施日 2013年5月13日〜継続中
●地域 大阪府吹田市
●施設名 大和大学
●検査対象物 厚生棟、管理棟
●検査内容 鉄筋継ぎ手部UT検査
2014年、春に開学予定の大和大学。
現在、教育学部・保険医療学部の学科が予定され、
教育や医療を担う次代の若者たちが、着実に
成長できる施設になるよう、準備が進められています。
大和大学では、「ひと」を育てる教育、
「ひと」の命を守る医療、そして「ひと」の未来を担う
人材を育成する、というコンセプトを掲げています。
その大和大学のスローガンは、「大志をまとえ」。
関係する全ての人が、新しい「大志」を」まとい一丸となり、
邁進する様子が目に浮かびます。
この言葉は、これから「新しい未来を切り拓く」意思をもつ人たちが
学ぶ、施設の検査を受け持つ私たちにも、重く響きます。
素晴らしい大学になりますよう祈念しつつ、毎日の検査に励みます。

KWU 大和大学、鉄筋継手部UT検査
KWU 大和大学、鉄筋継手部UT検査
KWU 大和大学、鉄筋継手部UT検査
KWU 大和大学、鉄筋継手部UT検査完成予想パース図

地域を担う、舞鶴共済病院

●実施日 2013年3月1日〜2013年8月(継続中)
●地域 京都府舞鶴市
●施設名 舞鶴共済病院
●検査対象物 新病棟
●検査内容 鉄筋継手部UT・VT検査
京都北部地域の基幹病院として位置付けられ、
北近畿一円より、利用者が多い舞鶴共済病院。
今回の新病棟建築プロジェクトでは、環境設備をはじめ、
急性期医療のさらなる充実を図ることで、
舞鶴・京都北部地域を担う、医療機関を目指しています。
私たちも、来館される患者様のことを思いながら、日々検査の毎日です。
KWU 森 検査員

KWU 舞鶴共済病院、鉄筋継手部UT・VT検査
KWU 舞鶴共済病院、鉄筋継手部UT・VT検査
KWU 舞鶴共済病院、鉄筋継手部UT・VT検査
KWU 舞鶴共済病院、鉄筋継手部UT・VT検査新病棟完成予想図

大阪府立精神医療センター

●実施日 2010年2月19日〜2013年8月31日(予定)
●地域 大阪府枝方市
●施設名 大阪府立精神医療センター
●検査対象物 医療観察棟、成人棟、本館棟、体育館棟、児童思春期棟、刀根山分校
●検査内容 鉄骨超音波探傷試験、鉄筋継手部超音波探傷試験
現在、公的医療機関としての社会的役割や医療の向上の拡充に向け、
より一層の良好な医療現場を目指し、大阪府立精神医療センターの建て替え整備が進められています.
ぼくたち検査員も、府域における精神医療の中心的病院として、
患者様が治療を受けてよかったと感じられるような、
そんな環境作りを願って毎日検査を行っています。
開業は来春の予定です。
KWU検査員 奥チャン

KWU 大阪府立精神医療センター鉄骨超音波探傷試験、鉄筋継手部超音波探傷試験
KWU 大阪府立精神医療センター鉄骨超音波探傷試験、鉄筋継手部超音波探傷試験
KWU 大阪府立精神医療センター鉄骨超音波探傷試験、鉄筋継手部超音波探傷試験
KWU 大阪府立精神医療センター鉄骨超音波探傷試験、鉄筋継手部超音波探傷試験
KWU 大阪府立精神医療センター鉄骨超音波探傷試験、鉄筋継手部超音波探傷試験完成予想パース図

道なき道を行く!

今回は、中国地方を縦断して走る、高速道路の「レーダー探査」です。
毎回様々なところへ検査に行きますが、いわゆる「道」ではないところも歩かねばなりません(笑)。
元々は、人間は通れたのでしょうが、数年も放置すると草木も伸び放題。
どこが「歩ける」のか、近くへ行くまで解らないこともしばしば。
これ、果たして道なのか?山なのか?このまま進んでよいのか?
不安と期待に胸を高鳴らせながら、重い検査機材を抱えて僕たちは、検査現場へ分け入って行きます。
そしてようやく到着。いわゆる、作業環境というものは、現場へ到着してはじめてわかるものです。
検査しやすい現場、しにくい現場、いろいろありますが、着いてしまえば、あとは検査に集中。
きょうも、いい仕事をして帰ります。
KWU探傷検査員 にし

■「レーダー探査」
コンクリート内にある、鉄筋の深さ・位置を探す検査のこと。

KWU レーダー探査
KWU レーダー探査
KWU レーダー探査
KWU レーダー探査
KWU レーダー探査

定期検査とリフレッシュ

このほど、広島県の某発電所へ、定期検査の出張がありました。出張期間は約1カ月。出張先での過ごし方は、検査員により様々ですが、今回出張した検査員のグループでは、休日は、リフレッシュの為、観光やグルメなどを楽しみました。宿泊先が三原市内のホテルで、しまなみ海道の筆影山や竜王山からの景色が最高に美しく、心も晴れ晴れ。また、尾道も近いのでこちらも散策。

毎日の検査を終え、宿泊先のホテルまで、瀬戸内海の島並みを眺めながら、海沿いの道をゆっくりと走ります。

このように出張というものは、オンとオフの切り替えが大事。すなわち「観光や散策、グルメ」などで、リフレッシュすることにより、その土地での仕事が、楽しく、有意義になるような気がします。次は、どんな出張検査が待っているのでしょうか、楽しみです。
KWU検査員 ギュウちゃん

KWU 定期検査とリフレッシュ
KWU 定期検査とリフレッシュ
KWU 定期検査とリフレッシュ
KWU 定期検査とリフレッシュ
KWU 定期検査とリフレッシュ

超音波探傷検査のデモンストレーション

昨年11月17日、大阪府営団地建設現場内において、某ゼネコン社の依頼により、現役工業高校の生徒を集めて鉄筋圧接継手部における、超音波探傷検査のデモンストレーションを開催しました。KWUが指導するのは、今回で2度目。前回にも増して、たくさんの生徒さんたちが参加。当社検査員が説明する非破壊検査の仕組みに、熱心に耳を傾けていました。未来の非破壊検査エキスパートを、ぜひ目指して欲しいですね。
KWUが指導した超音波探傷検査のデモンストレーション
KWUが指導した超音波探傷検査のデモンストレーション
KWUが指導した超音波探傷検査のデモンストレーション

伊丹市立新図書館(社会教育施設)新築工事

●実施日 2011年7月22日~
●地域 兵庫県伊丹市宮ノ前3丁目
●施設名 伊丹市立新図書館
●検査対象物 建物一式
●検査内容 鉄筋UT・VT検査
伊丹市立新図書館(社会教育施設)新築工事
伊丹市立新図書館(社会教育施設)新築工事
伊丹市立新図書館(社会教育施設)新築工事
伊丹市立新図書館(社会教育施設)新築工事
伊丹市立新図書館(社会教育施設)新築工事
20万人都市にふさわしい図書館機能と、人と人とがふれあい、語り合い、学べる交流の場としての機能も兼ね備えた「社会教育施設」、伊丹市立新図書館。伊丹市の歴史・文化を発信、体感できる発信基地としても期待されている。

箕面市立小中一貫校新築工事(彩都の丘学園)

●実施日 2010年1月~2010年12月
●地域 箕面市彩都
●施設名 箕面市立小中一貫校
●検査対象物 建物一式
●検査内容 鉄筋圧接部と鉄骨UT検査
箕面市立小中一貫校新築工事(彩都の丘学園)
箕面市立小中一貫校新築工事(彩都の丘学園)
大阪府箕面市に今春開校した小中一貫校、箕面市立彩都の丘小学校・中学校(愛称・彩都の丘学園)。箕面市東部と茨木市にまたがるニュータウン・国際文化公園都市(彩都の丘)を校区とする学校。見晴らしのよい彩都の丘にあり、小中学校はもちろん、地域の人々も集う、コミュニティーになるよう願いが込められています。

近鉄奈良線八戸ノ里~瓢箪山間連続立体交差化工事 第5工区

●実施日 2009年5月7日~
●地域 近鉄奈良線八戸ノ里~瓢箪山
●施設名 近鉄奈良線
●検査対象物 近鉄奈良線高架部分
●検査内容 鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
近鉄奈良線八戸ノ里~瓢箪山間連続立体交差化工事 第5工区の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
近鉄奈良線八戸ノ里~瓢箪山間連続立体交差化工事 第5工区の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
近鉄奈良線八戸ノ里~瓢箪山間連続立体交差化工事 第5工区の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
近鉄奈良線八戸ノ里~瓢箪山間連続立体交差化工事 第5工区の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
近鉄奈良線連続立体交差事業。八戸ノ里駅から瓢箪山までの3.3kmを高架化。交差していた踏切が無くなり、これまでの交通渋滞が緩和されます。下り線の高架化は5月30日から、上り線は2013年に予定しています。

京都産業大学壬生サテライトキャンパス大学施設及び附属中学・高等学校新築工事

●実施日 2010年12月~
●地域 京都市下京区中堂寺命婦町
●施設名 京都産業大学壬生サテライトキャンパス
●検査対象物 建物全般・その他施設
●検査内容 鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
京都産業大学壬生サテライトキャンパス大学施設及び附属中学・高等学校新築工事の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
京都産業大学壬生サテライトキャンパス大学施設及び附属中学・高等学校新築工事の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
京都産業大学壬生サテライトキャンパス大学施設及び附属中学・高等学校新築工事の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
京都産業大学壬生サテライトキャンパス大学施設及び附属中学・高等学校新築工事の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
京都産業大学付属中学校・高校学校が、京都産業大学壬生サテライトキャンパスとして、共に京都市下京区中堂寺命婦町に建設中の現場です。延床面積約10,000㎡、地上4階で教育研究施設のほか、450名収容のホールを設置予定。ひとつの「街」のような巨大キャンパスが誕生するのは、来年2012年1月の予定です。

宇治市立宇治小学校・中学校一貫校新築工事

●実施日 2010年11月~
●地域 京都府宇治市
●施設名 宇治小中一貫校
●検査対象物 建物全般・校舎・プール・体育館・その他
●検査内容 鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
宇治市立宇治小学校・中学校一貫校新築工事の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
宇治市立宇治小学校・中学校一貫校新築工事の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
宇治市立宇治小学校・中学校一貫校新築工事の鉄筋の継ぎ手部のUT・VTその他検査
宇治市立宇治小学校の新築工事です。義務教育9年間を見通した小中一貫校の創造をコンセプトに掲げ、平成24年4月開校予定を目指しています。これからの教育はこの「小中一教育」がスタンダードになるかも知れません。

阪神高速道路守口ジャンクションの橋脚部超音波探傷検査

●実施日 2010年12月~
●地域 大阪府守口市
●施設名 阪神高速道路守口ジャンクション(仮称)
●検査対象物 高速道路橋脚
●検査内容 橋脚圧接部の超音波探傷検査
阪神高速道路守口ジャンクションの橋脚部超音波検査
阪神高速道路守口ジャンクションの橋脚部超音波検査



阪神高速道路守口ジャンクションの橋脚部超音波検査

阪神高速道路守口線は大阪中心部と大阪北東部地域を連絡し、都心部へのアクセス性を高める重要な路線。今回の工事は、守口線と近畿自動車道をジョイントする連絡路であり、一般道を通過することなく相互乗り入れが可能になりより一層の利便性が高まります。

大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト Bブロック新築工事

●実施日 2010年9月~
●地域 大阪市北区大深町
●施設名 梅田北ヤード
●検査対象物 鉄筋継手部
●検査内容 鉄筋継手部超音波探傷検査


梅田貨物駅を中心とする梅田駅北地区は、代表的なビジネス街や繁華街に近接する「都心に残された最後の一等地」であり、その開発は大阪のみならず関西再生の鍵を握る重要プロジェクトです。

ディーラーのサインポール超音波探傷検査

●実施日 2010年8月~
●地域 関西全域
●施設名 ディーラーのサインポール
●検査対象物 サインポール
●検査内容 サインポール下部の超音波探傷検査、肉厚測定。溶接部の目視検査および、一斉点検
サインポール下部の超音波探傷検査
サインポール下部の超音波探傷検査


ディーラーが設置しているサインポールの劣化を検査。特にコンクリートとジョイントされている部位は、雨水などのダメージを受けやすいので念入りに検査を行ないました。

京都市立東山小学校(仮称)及び、京都市立東山区北部中学校(仮称)第1校舎新設工事

●実施日 2010年2月
●地域 京都市東山区
●施設名 東山小・中一貫校
●検査対象物 鉄筋・鉄骨継手部
●検査内容 鉄筋・鉄骨継手部超音波探傷検査


最近は少子化に伴い、小学校と中学校が一体となり、小・中一貫校と形態を変更する学校が増えてきています。この東山小・中学校の工事も一貫校になるためのものです。災害時に備え、地下に避難できる体育館も設置されています。

検査実績